中央区の出張写真撮影カメラマン

中央区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 中央区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは中央区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を、気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 撮影

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真

 

★地域情報★

出張 写真 中央区

中央区の概要東京の都心を構成する区のひとつであり東京23区のほぼ中央に位置する。区内には、日本橋・八重洲・築地・月島・晴海・銀座等といった街がある。面積は10.094km2で、東京23特別区の中では台東区に次いで2番目に小さい。

 

・人口は千代田区に次いで少なく130,483人、75,472世帯(2013年6月1日現在)。(2013年4月に定住人口13万人を1967年以来46年ぶりに達した)ものの日本橋や銀座などの大商業地域(オフィス街)を複数抱えるため、昼間人口は60.6万人に膨れ上がる。また、商業地域としての特徴が強く、建物はビル(オフィスビル)が目立ち、住宅としてはマンション(超高層マンションや公営住宅も)や団地などの集合住宅が大半を占め、低層住宅の一戸建てやアパート(長屋も)などはかなり少ない(南部の佃や月島付近に点在するのみ)。道路は碁盤目状で、他の区と比べると比較的よく整備されている。

 

・歴史(近世・現代)1869年 - 築地鉄砲洲(今日の明石町付近)に外国人居留地設置(〜1899年)。1953年 - 戦後の復員や戦災復興などにより、定住人口過去最高となる172,183人を記録した。1967年 - 高度経済成長に伴う都市化で都心離れが進み、定住人口13万人を割った。1997年4月 - 定住人口過去最低となる71,806人を記録した。2007年4月4日 - 定住人口10万人を31年ぶりに達した。2011年 - 日本橋(第十九代)架橋100周年を迎える。2013年4月4日 - 定住人口13万人を46年ぶりに達した。

 

・中央区の沿革
1878年11月2日施行の郡区町村編制法に基づく東京15区のうち、日本橋区と京橋区が誕生。現在の中央区に相当する。
1947年3月15日 - 両区を併せて現在の中央区となる。旧日本橋区域の町名に「日本橋」の冠称が付く。
1947年5月3日 - 地方自治法施行により、中央区は特別区となる。
1997年3月15日 - 中央区制施行50年を迎える。中央区の主な行事東京湾大華火祭(毎年8月、東京港晴海埠頭)地名の由来東京市(現東京都区部)のほぼ中央に位置することから。町丁明石町、入船、勝どき、京橋、銀座、新川、新富、月島、築地、佃、豊海町、日本橋、日本橋大伝馬町、日本橋蛎殻町、日本橋兜町、日本橋茅場町、日本橋小網町、日本橋小伝馬町、日本橋小舟町、日本橋富沢町、日本橋中洲、日本橋人形町、日本橋箱崎町、日本橋浜町、日本橋馬喰町、日本橋久松町、日本橋堀留町、日本橋本石町、日本橋本町、日本橋室町、日本橋横山町